花巻

地元農産物ジェラートに 大迫・産直「未来路」 来月から「梅」販売【花巻】

産直「未来路」が販売する3種類のオリジナルジェラート

 花巻市大迫町外川目の産直「未来路」(佐々木君子代表)は、地元の農産物を使ったカップ入りのオリジナルジェラートを開発、販売している。「赤かぼちゃ」「ブルーベリー」に4月から新たに「梅」を追加。大迫の味がデザートで年中楽しめるとして、着実にファンを拡大している。

 地場産品を使った加工品の開発などを支援する市農商工連携事業補助金を活用し、2017年度から製造に取り組んでいる。「赤かぼちゃ」は、カボチャをピューレ状にして使用することで、滑らかな舌触りと本来の甘みを生かした仕上がりに。クリームチーズを加えた「ブルーベリー」は相性の良さが際立つ。

 18年度は新たなラインナップとして外川目産の南高梅を使った「梅」を開発し、今春から販売をスタート。梅の優しい風味とさっぱりした口当たりが特徴だが、19年度はさらなる改良も検討しているという。いずれも価格は350円。

 開発担当の佐々木政行取締役(68)は「カボチャは実を入れてみるなどの試行錯誤も重ね、現在の色鮮やかな形になった。甘さ控えめで男性に人気で、一方のブルーベリーは女性に好まれている。冷凍庫から出し、好みの軟らかさになってから食べていただきたい」とアピール。口コミなどで人気が広がり、現在はほぼ毎日売れ続けているという。

 「赤かぼちゃ」と「ブルーベリー」は同市湯口の渡り温泉でも取り扱う。佐々木代表(68)は「息子、娘に『買って来て』って頼まれたと言いながら店に来る人が多い。若い人たちに食べてもらえるのはうれしい」と話している。

 問い合わせは未来路=0198(48)9436=へ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2019年5月26日付
花巻
2019年5月26日付
花巻
2019年5月26日付
花巻
2019年5月25日付
花巻
2019年5月25日付