北上・西和賀

無投票が濃厚 北上市長選告示まで1週間 対抗馬の動きなく

髙橋敏彦氏

 任期満了に伴う北上市長選は、14日の告示まであと1週間となった。これまでに出馬を明らかにしているのは、無所属で3選を目指す現職髙橋敏彦氏(64)のみ。ほかに対抗馬の動きはなく、2015年の前回と同じく無投票が濃厚となっている。

 髙橋氏は、18年12月の市議会本会議の一般質問で正式に立候補を表明。重点政策に▽あじさい都市推進の3つの戦略(公共交通網の完成など)▽緊急課題への対応(東芝メモリ立地効果の全市的波及など)▽政策形成の4つの視点(地場産業の潜在的発掘など)-を掲げる。

 市内30支部で構成する後援会(中村好雄会長)を軸に、選挙戦に向けた活動を展開。2月中旬の後援会拡大役員会には関係者や支持者200人以上が集まり、今月5日には同市さくら通りで後援会事務所開きを行い3選へ結束した。

 市議26人のうち、21人が支持。髙橋氏は政党に推薦要請しないものの、連合岩手をはじめJAいわて花巻、北上医師会、北上歯科医師会、県建設業協会北上支部など各業界団体の推薦を得るなど着々と態勢を固めている。

 市長選をめぐっては「2回連続無投票はよくない」との声は聞かれるが、髙橋氏が東芝メモリ誘致など企業集積面での実績に加え、大きな争点となる対立軸もないことから対抗馬擁立には至っていない。

 3月中旬の立候補予定者説明会、今月3日の候補者届出書類事前審査にはいずれも髙橋氏陣営のみが出席した。無投票ムードにも、選対幹部は「やるべきことをしっかりやる」と強調。髙橋氏は「しっかりと準備し、期待に応えていきたい」と決意を語る。

 14日は午前8時30分から市役所で立候補届け出を受け付け、午後5時で締め切る。選挙戦となった場合は21日午前7時~午後8時に市内56カ所で投票を受け付け、9時から北上総合体育館で即日開票される。

 3月1日現在の選挙人登録者数は7万7355人(男3万7818人、女3万9537人)。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2019年6月19日付
北上・西和賀
2019年6月19日付
北上・西和賀
2019年6月19日付
北上・西和賀
2019年6月19日付
北上・西和賀
2019年6月19日付