花巻

自慢の歌声聴衆魅了 石鳥谷 愛好家集い民謡大会【花巻】

愛好家が聴衆を魅了した民謡大会

 県民謡保存会が主催する第25回県少年少女民謡大会と第30回年齢別民謡大会は7日、花巻市石鳥谷町の石鳥谷生涯学習会館で開かれた。県内各地から愛好家が出演し、日ごろ鍛えたのどで聴衆を魅了した。

 少年少女大会は、民謡の将来を担う子供たちに発表の場を設け交流、技術向上につなげる目的。年齢別大会は会員の交流を深めつつ技術向上を目指す狙いで、両大会に約250人が足を運んだ。

 このうち少年少女大会には、幼児から中学生まで約20人がエントリー。「南部木挽唄」や「外山節」といった曲を元気いっぱいの声で響かせ、聴衆の笑顔を誘っていた。

 年齢別大会は78歳以上の高年、70歳以上の中年、69歳以下の成年で実施し、各クラスに三味線、尺八の両部門を設定。男女100人以上が出場し、熟練の節回しを聞かせていた。

 少年少女大会で最優秀賞に輝いた雫石町の下澤田葵さん(13)は「練習通りにしっかり声を出せたのでうれしい。民謡には3歳の時から取り組んでいる。自分がどんどん成長していけるのが楽しい」と笑顔。両大会を主管した同保存会石鳥谷支部の川村はつ子支部長は「子供たちは皆上手で、節回しなども大人顔負けだった。これから(歌い手としての)良い味を備えてくれたら」と期待していた。

 各部門の最優秀賞者は次の通り。(敬称略)

 ◇少年少女=下澤田葵◇年齢別▽高年=小原澄(三味線)土屋幸作(尺八)▽中年=佐藤カツ子(三味線)及川正時(尺八)▽成年=高橋陽苗子(三味線)鳴海喜代(尺八)

地域の記事をもっと読む

花巻
2019年4月20日付
花巻
2019年4月20日付
花巻
2019年4月20日付
花巻
2019年4月20日付
花巻
2019年4月20日付