奥州・金ケ崎

金ケ崎行政区長自治会長会議 委嘱状交付、事業説明

髙橋町長(左)から行政区長の委嘱状を受け取る多田城内行政区長

 金ケ崎町の2019年度行政区長・自治会長会議は12日、同町西根の町中央生涯教育センターで開かれた。各地区自治会長を兼務する行政区長への委嘱状交付を行ったほか、町側が人口減少対策を主軸とした今年度の主要事業、行政区長制度の見直しなどについて説明した。

 委嘱状交付では現職20人、新任27人の行政区長が呼名され、出席者を代表して城内行政区の多田勝昭区長に髙橋由一町長から任期1年の委嘱状が手渡された。髙橋町長はあいさつで「輝く町、自立の町、持続性の高い町金ケ崎をつくっていきたい。皆さま方から力を頂きたい」と呼び掛けた。

 町側は「人口減少時代に立ち向かう金ケ崎町2019」との資料を示し、人口減少の将来的な見通しの中で、第10次総合発展計画の重点プロジェクトに位置付けた▽若者が暮らしたいまち▽女性に魅力的なまち▽活力と特色のある地域-の3項目ごとに主な事業を説明した。

 また、地方公務員法および地方自治法の一部改正による特別職非常勤職員の要件厳格化を背景に、行政区長制度の見直しに言及。身分や役割について整理し、他自治体の動向も参考としながら検討して20年度からの施行を目途とする考えを説明した。出席した区長から質問が相次ぎ、町総合政策課では今年度中に区長を対象とした説明機会を設け、その場である程度の方向性を示したいとの考えを述べた。

新会長に小原氏選出 自治会長連絡協

 金ケ崎町自治会長連絡協議会の2019年度総会は12日、同町西根の町中央生涯教育センターで開かれた。45人が出席し、第9回町郷土カルタ選手権大会開催などを盛り込んだ今年度事業計画・収支予算などを決定。役員選出では、新会長に小原和正氏(上百岡自治会)が選ばれた。

 今年度事業のうち、子供たちの郷土理解などを目的として例年実施している町内小学生対象の郷土カルタ選手権大会は20年1月13日を予定。このほか、今年7月には2日間の日程で研修視察を計画している。

 役員選出後、あいさつした小原会長は「平成最後、新元号最初の会長として地域づくりのために尽力したい」と決意を示した。役員の任期は2年間。会長を除く新役員は次の通り。(敬称略)

 ▽副会長=千田眞一、堀寿正▽理事=及川隆義、板宮成悦、及川正徳、相沢清幸、倉田和弘、千葉義隆、高橋正明、太田光、及川和芳▽監事=片方進、千葉修一

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2019年7月23日付
奥州・金ケ崎
2019年7月23日付
奥州・金ケ崎
2019年7月23日付
奥州・金ケ崎
2019年7月23日付
奥州・金ケ崎
2019年7月23日付