奥州・金ケ崎

走る楽しさ体感 小学生かけっこ教室【金ケ崎】

児童らが指導を受けながら走る楽しさを体感している「小学生かけっこ教室」

 金ケ崎町生涯スポーツ事業団による小学生かけっこ教室は13日、同町西根の森山総合公園陸上競技場などで始まった。年代別の2クラスを設け、それぞれ5月11日までの計4回開設。参加児童は体づくりや地力向上につなげる練習に取り組みながら、走る楽しさを体感している。

 小学1・2年生、同3年生以上の2クラスを開設。健康運動指導士で同事業団の鈴木康生主事補が講師を務めた。

 1・2年生クラスには町内外の9人が参加。陸上競技場のトラックコースを使い、走ることに大切な手足の力を養うため、遊びの要素を交えた約1時間のプログラムを行った。

 児童らは足を強くする練習としてスキップや、ももを高く上げるようにして走る動きなどを体験。生き生きと取り組み、「疲れた」と声を上げる子もいたが、表情には充実感があふれた。

 安久津さくらさん(6)=金ケ崎1年=は「走るのは好き。もっと速くなりたい」と語り、練習に熱中。母親の恵さん(40)は「運動が好きな子なので、基本的な走る姿勢を学び、やる気を起こしてもらえれば」と期待を寄せていた。

 今後は27日、5月4、11日に実施する。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2019年7月23日付
奥州・金ケ崎
2019年7月23日付
奥州・金ケ崎
2019年7月23日付
奥州・金ケ崎
2019年7月23日付
奥州・金ケ崎
2019年7月23日付