花巻

春告げる鮮やかな黄色 石鳥谷 ミツマタ見頃【花巻】

地域に春の訪れを告げているミツマタの花

 花巻市石鳥谷町新堀の景観づくり研究家・佐藤守さんが自宅周りに植栽するミツマタが見頃となり、鮮やかな黄色が地域に春の訪れを告げている。

 ミツマタはジンチョウゲ科の落葉低木で、秋に花芽を付けて冬を越す。寒さには弱いながら今春も4月に色づき始め、佐藤さん宅の敷地内や周辺道脇の300~400本がかれんに咲き誇る。ミツマタは横や下に向かって花が開くため、下方から眺めるとより美しい。独特の香りもあり、敷地内には赤い花を付ける物も見られる。

 佐藤さんは「サクラの前に咲いて春を告げる花で、地域をきれいにしようと道路脇に植えた。枝先が3つに分かれていくのでミツマタ。種をまくとほとんどが芽を出してくれる」と説明。過ぎゆく平成の時代を惜しむかのように咲く花々に、優しい視線を送っている。

地域の記事をもっと読む

花巻
2019年7月23日付
花巻
2019年7月23日付
花巻
2019年7月23日付
花巻
2019年7月23日付
花巻
2019年7月23日付