花巻

花巻の味 全国へ 東和 佐々長醸造 「岩手・老舗の白だし」発売

こだわりの新商品「岩手・老舗の白だし」

 花巻市東和町の佐々長醸造(佐々木博代表取締役)は17日、新商品「岩手・老舗の白だし」を発売した。県産原料で仕込まれたしょうゆをベースに開発された新商品で、創業1906年の同社が誇る麺つゆ職人の「だし取り」技術が生み出した逸品。郷土色あるラベルデザインも手伝い、岩手・花巻の味を全国にアピールする存在として地域の話題を呼んでいる。

 近年の「白だし」人気を追い風に、構想から約2年をかけて生まれた商品。開発に携わった同社の佐々木洋平専務取締役は「だし取りを得意としている当社がやらない手はない、と取り組んだ。添加物でごまかすことなく地場産原料を使い、とことんおいしい物を追求した」と胸を張る。県産丸大豆の自社製木樽仕込みしょうゆ、早池峰山の伏流水といったこだわりの素材が生む、独特の香りと風味が最大の特徴という。

 加えて、商品の顔となるラベルにも工夫を凝らした。東北経済産業局の事業「おいしい東北パッケージデザイン展」に参加し、全国から作品を募集。上品な雰囲気を醸す白黒のデザインを採用し、都市部で生活する高級志向の顧客にも売り込む態勢を整えた。佐々木専務は「首都圏の高級スーパーや百貨店にも売り込み、岩手の食材のおいしさをアピールしたい」と意気込む。

 500ミリリットル入りで780円(税別)。同町土沢の同社直営店のほか、盛岡市や仙台市などの一部百貨店でも取り扱う。問い合わせは同社=0198(42)2311=まで。

地域の記事をもっと読む

花巻
2019年9月19日付
花巻
2019年9月19日付
花巻
2019年9月19日付
花巻
2019年9月19日付
花巻
2019年9月18日付