奥州・金ケ崎

「こどもの日」笑顔全開 県南各施設 親子連れらでにぎわう

大勢の子供たちがイベントを楽しんだO―Fes

 「こどもの日」の5日、県南地域の各施設には多くの親子連れらが訪れ、子供たちを対象としたさまざまなまつりや催しを満喫した。

O―Fes【奥州】

 まちづくり奥州主催の「O―Fes」は5日、奥州市水沢横町のまちなか交流館で開かれ、200人ほどの子供たちが最新ゲーム機獲得を目指していろいろな遊びに挑戦した。

 同フェスは例年日高火防(ひぶせ)祭に合わせて大町地内で開かれていたが、今回はこどもの日の恒例行事「ちびっ子まつり」に合わせて開催された。

 参加者は、館内でのビンゴゲームなどに挑戦したり、「駄菓子まき」で菓子を集めたりして元気よくイベントを楽しんでいた。ミニゲームでの得点などに応じて抽選券が配られたが、中には30枚、40枚を集める子供もいた。

 抽選会では、人気のゲーム機と同館内の「まちなかキッチン・ビート」で使える食事券が当たる抽選を行った。当選した子供たちは「よーし」「やったー」などと大喜びで賞品を受け取っていた。

 運営した「しゃべり場水沢大町」の亀卦川拓也代表(39)は「いつもよりも短い時間となったが、子供たちには楽しんでもらえたようだ。来年の開催についても検討したい」と話していた。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2019年6月17日付
奥州・金ケ崎
2019年6月17日付
奥州・金ケ崎
2019年6月17日付
奥州・金ケ崎
2019年6月17日付
奥州・金ケ崎
2019年6月17日付