県内外

盛岡の思い出プリント 歴史文化館にシール機 ご当地フレーム、多言語対応

もりおか歴史文化館に設置されたご当地プリントシール機

 盛岡市内丸のもりおか歴史文化館に、多言語対応のご当地プリントシール機が新たに設置された。盛岡南部家の殿様をイメージしたキャラクターなど、盛岡の魅力が詰まったオリジナルフレームで写真シールを撮影することができ、観光客の注目を集めている。

 同館では、2014年に初めてプリントシール機を導入。県のPRキャラクター「わんこきょうだい」と写真が撮れる機能があったが、フレームのパターンが三つと少なく、外国語にも対応していなかった。

 旧バージョンに代わり、今年4月に新たなシール機を設置。外国人旅行者も気軽に楽しめるよう、日本語のほか、英語や中国語、韓国語など7カ国語に対応している。

 フレームは盛岡南部家をはじめ、わんこそば、盛岡秋まつりの山車、チャグチャグ馬コなどの10種類。このうち盛岡南部家は、盛岡藩の歴代藩主らをかわいらしくデフォルメしたキャラクターに囲まれながら、殿様気分で撮影することができる。

 日付やハートマークなどのスタンプを押し、自分好みにデザインする機能も搭載。専用のアプリを使用すれば、スマートフォンに写真データを送って楽しめる。

 撮影は1回600円。同館の小野芳史総括責任者は「ここでしか撮影できないシールを作ることができる。旅の思い出を記録に残してほしい」と話している。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年6月16日付
県内外
2019年6月16日付
県内外
2019年6月16日付
県内外
2019年6月16日付
県内外
2019年6月16日付