一関・平泉

一流の技 惜しみなく 日立サンディーバ 那須選手ら児童指導【一関】

児童を前に打撃のデモンストレーションをする那須選手(手前)

 日本女子ソフトボールリーグ1部の日立サンディーバに所属する那須千春選手(一関市大東町出身)らを招いた技術講習会は14日、一関市大東町の大東野球場で開かれた。県内各地から参加した児童約150人が技能向上を目指しトップ選手から手ほどきを受けた。

 一関地方小学校女子ソフトボール大会の50回記念事業。那須選手と木村千春選手(富士大出身)、泉花穂選手、大越玲那選手(花巻東高出身)の4人が講師を務めた。

 講習会に先立ち、那須選手が「私も小学生の頃にプレーした大会なので、すごく懐かしい。元気に頑張りましょう」とあいさつ。

 準備運動の後には講師による打撃や投球のデモンストレーションが行われ、那須選手は「腕だけではなく、下半身の大きい筋肉を使うのが大事」と語り、バットで次々と打球を外野に飛ばし、児童から歓声が上がっていた。

 指導はポジションや学年ごとに行われ、児童は練習のこつや技術的なポイントなどを学んだ。大原小の藤井優姫さん(6年)は「那須選手は、レフトやセンターなど狙った所に飛ばしていたのがすごい。あんなふうになりたいと思った」と成長を誓っていた。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年8月21日付
一関・平泉
2019年8月21日付
一関・平泉
2019年8月21日付
一関・平泉
2019年8月21日付
一関・平泉
2019年8月21日付