県内外

花巻東2年連続決勝 甲子園懸け大船渡と対戦 夏の高校野球岩手大会

【花巻東-黒沢尻工】花巻東八回、1死一、二塁で7番酒井直也の中前打で二走田村陽大(左)が生還し、6-5と逆転する=県営球場
一関工、初進出ならず

 第101回全国高校野球選手権岩手大会(県高野連など主催)は24日、盛岡市の県営球場で準決勝が行われ、花巻東が黒沢尻工を下して2年連続で決勝へ進んだ。一関工は大船渡に敗れ、初の決勝進出はならなかった。【8面に関連】

 花巻東は1点を追う八回に打線が爆発。打者13人で一挙7点を奪い、逆転した。四回途中から救援した主戦西舘勇陽(3年)は要所を締め、反撃を許さなかった。黒沢尻工は四回に5点を挙げて試合をひっくり返したが、終盤に投手陣がつかまった。

 一関工は先発の左腕平野拓夢(3年)が一回に2点を失うと、二、三回も失点。打線は大船渡の主戦佐々木朗希(3年)に散発2安打に抑えられ、完封負けを喫した。大船渡の決勝進出は21年ぶり。

 25日は同球場で午後1時から花巻東-大船渡の決勝が行われる。

きのうの結果

◇県営球場

 ▽準決勝

花巻東11-5黒沢尻工

大船渡5-0一関工

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年1月24日付
県内外
2021年1月24日付
県内外
2021年1月24日付
県内外
2021年1月24日付
県内外
2021年1月24日付