県内外

日本代表 空から応援 機体に選手 鮮やか ラグビー JALがジェット運航【岩手】

花巻空港に降り立った「J-AIRラグビー応援JET」

 ラグビー日本代表を空から応援しようと26日、機体に代表チームの選手たちが描かれた日本航空(JAL)グループ・ジェイエアの「J-AIRラグビー応援JET」が運航された。27日に釜石市で行われる「パシフィック・ネーションズカップ2019」日本対フィジー戦に合わせた企画で、26日には花巻市のいわて花巻空港にもお目見え。航空機利用者らに、JALグループの日本代表チームサポート、釜石や本県の継続的支援をPRした。

 同日朝に大阪(伊丹)から花巻へ降り立ったのは、エンブラエル170型機。白の機体に黒と赤を基調に描かれたラグビー、車いすラグビー代表選手たちが目を引く。花巻空港では同機を取材する報道陣の姿に気付き、改めて機体の外観を確認しつつ空港内に向かう搭乗者も見られた。

 JALは日本ラグビーフットボール協会、日本車いすラグビー連盟への支援を通じ、競技の普及発展に協力。この機体は4月から国内線で運航されており、JAL東北支店岩手駐在の神尾高宏さん(53)は「(応援JET運航は)復興支援、多くの方に釜石を知っていただくお手伝いをする狙い。あすのパシフィック・ネーションズカップでは私たちもブースを出して盛り上げ、大会を支援したい」と話した。

来月、県庁で50日前イベント ラグビーW杯 釜石実行委

 ラグビーワールドカップ(W杯)2019釜石開催実行委員会は、8月1日に県庁前で大会開幕50日前イベントを開催する。日本大会アンバサダーやご当地キャラクターによるセレモニーを行うほか、公式グッズを販売し、本番に向けた機運醸成につなげる。

 セレモニーは午後4時30分に行われ、日本大会アンバサダーの桜庭吉彦さんや達増拓也知事らがあいさつ。一関市出身のアイドル志田友美さんが開幕50日前宣言を行った後、県内市町村マスコットキャラクターによるラグビーチーム「スクラムいわてフィフティーン」などとのフォトセッションを繰り広げる。

 グッズコーナーでは、W杯公式グッズや、ラグビー日本代表関連グッズを販売。ラグビー応援ラッピングトラックも展示する。問い合わせは県ラグビーW杯2019推進室=019(629)6799=へ。

地域の記事をもっと読む

県内外
2021年1月16日付
県内外
2021年1月16日付
県内外
2021年1月16日付
県内外
2021年1月16日付
県内外
2021年1月16日付