一関・平泉

山車と手踊り競演 市内のトップ切り 千厩夏まつり にぎわい【一関】

約1000人が出演して千厩夏まつりを盛り上げた「千厩おどり・山車競演会」

 一関市内の夏祭りのトップを切って27日、第47回千厩夏まつり(実行委主催)が同市千厩町の千厩商店街で開かれた。令和の時代も変わらぬ夏の風物詩として、多くの見物客がササ飾りの揺れる歩行者天国へ繰り出し、およそ1000人が参加した豪華な山車の運行と手踊りパレードの競演など、多彩な催事を楽しんだ。

 午後5時からの開会セレモニーでは、永澤由利実行委員長が「地域の心を一つにしてあすへの希望と元気につながるように祭りを盛り上げよう」とあいさつ。来賓を代表して勝部修市長と佐々木賢治市観光協会長が祝辞を述べたのに続き、花火の合図でまつりのメインとなる「千厩おどり・山車競演会」がスタートした。

 山車は12基が参加。米大リーグで活躍する本県出身の菊池雄星、大谷翔平両選手を看板に描いたり、アニメ「機動戦士ガンダム」のモビルスーツをかたどったりして趣向を凝らした山車が運行された。14団体の踊り手たちは、そろいの浴衣や法被を着て「千厩音頭」「千厩小唄」を華やかに披露した。

 このほか、日中の催事として地元幼・保育園児や小中学生らによる踊りや演奏のアトラクション、玉入れ大会「せんまやたまリンピック」、「一関すずめ踊り」などもにぎやかに繰り広げられた。

 市内では千厩夏まつりを皮切りに、28日にむろね夏まつり、8月2~4日に一関夏まつり、4日に花泉夏まつり、10と11の両日に縄文の炎・藤沢野焼祭(のやきまつり)、13~15日に摺沢水晶あんどん祭り、16日にかわさき夏まつりなどが続く。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年5月13日付
一関・平泉
2021年5月13日付
一関・平泉
2021年5月13日付
一関・平泉
2021年5月13日付