一関・平泉

ヒマワリ全開 東北北部梅雨明け 一関36.6度 今年最高

高さ2メートルほどのヒマワリが梅雨明けに合わせるように咲きそろった一関市藤沢町徳田のヒマワリ畑

 仙台管区気象台は31日、東北北部が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より3日、昨年より12日遅い。一関地方は同日、からりと晴れた空から強い日差しが降り注ぎ、盛岡地方気象台によると、日中の最高気温は一関36・6度で今年最高、千厩34・5度を記録し、厳しい暑さに見舞われた。

 一関市藤沢町徳田地区の旧徳田小学校跡付近にあるヒマワリ畑約5アールは、同日の暑さで満開に。夏本番を迎え、空に向かって花首を一斉に上げた圧巻の光景が広がった。

 同地区内では自治体ごとにヒマワリの名所づくりに取り組んでいるが、現地は26区自治会が今季初めて耕作放棄地に種をまいた新たな名所。畠山憲一会長は「梅雨明けに合わせるかのように満開となった。盆前までは見頃が続くだろう」とうれしそうに話した。

 同気象台によると、東北北部は同日から向こう1週間も太平洋高気圧に覆われて晴れる日が多い見込み。日中の気温も高い日が続くとみられ、熱中症予防を呼び掛けている。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2021年1月26日付
一関・平泉
2021年1月26日付
一関・平泉
2021年1月26日付
一関・平泉
2021年1月26日付
一関・平泉
2021年1月26日付