一関・平泉

一関の魅力 全国へ 夏のふるさと便出荷

出発式で夏の便の商品をPRするいわて純情むすめと実行委関係者

 2019年度一関ふるさと便「夏の便」の第1便は1日、全国に向けて出荷された。一関市中里のJAいわて平泉西部営農振興センター前で出発式が行われ、関係者が北海道や東北、関東地方などに届けられるリンドウやジュースを載せたトラックを見送り、販売拡大に期待を込めた。

 同ふるさと便は、都市と農村の交流を深め、産地の拡大とPRを図ろうと毎年夏と冬に実施。出発式には一関ふるさと便事業実行委を組織する生産者と市、同JAの関係者や、県産農畜産物をPRする「いわて純情むすめ」の菊池彩女さん、瀬川愛里さんら約40人が出席した。

 実行委会長を務める勝部修市長の代理で市農林部の中川文志部長が「今年も立派なリンドウができた。市外、県外の皆さんに一関の魅力や元気を届けたい」とあいさつ。実行委副会長で同JAの佐藤鉱一代表理事組合長は「商品の充実を図りながら関係者一丸となって消費拡大につなげたい」と語った。

 中川部長、佐藤組合長、同JAりんどう専門部の小野寺泰男部長ら実行委役員がテープカットし、出席者が商品を積み込んだトラックを見送った。

 夏の便は▽須川高原りんどう▽ピンクりんどう▽褐色青白りんどう▽りんごジュース▽とまとジュース-の5種類。同日出荷したのは72セットで、実行委によると7月31日現在で約140セットの注文があり、最終的には前回の200セットを上回る250セットの受注が目標という。

 今後の発送日は須川高原りんどう、りんごジュース、とまとジュースが7、14、21、28日と9月4、11日。ピンクりんどうが28日と9月4、11日、褐色青白りんどうが7日。いずれも発送日の1週間前まで注文を受け付ける。

 問い合わせは同JA一関営農経済センターの実行委=0191(23)5100=へ。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年11月17日付
一関・平泉
2019年11月17日付
一関・平泉
2019年11月17日付
一関・平泉
2019年11月17日付
一関・平泉
2019年11月17日付