県内外

花巻東、初戦は鳴門(徳島) 全国高校野球選手権大会

第101回全国高校野球選手権大会で対戦が決まり握手する花巻東の中村勇真主将(左)と鳴門の塩唐松宏将主将=3日午後、大阪市北区

 第101回全国高校野球選手権大会(6日開幕、甲子園球場)の組み合わせ抽選会は3日、大阪市のフェスティバルホールで開かれた。2年連続10度目の出場となる本県代表の花巻東は、大会第4日(9日)の1回戦第1試合で、鳴門(徳島)と対戦が決まった。

【8、社会面に関連】

 鳴門は2年連続13度目の出場で、先発メンバーの大半は前回大会を経験する。主戦の左腕西野知輝(3年)は緩急をつけた投球が持ち味で、徳島大会では全5試合を一人で投げ抜いた。打線は4番浦和博(3年)に力があり、犠打を絡め手堅く得点する。

 花巻東はエース西舘勇陽、左腕中森至(ともに3年)らタイプの違う投手陣がそろう。打線は勝負強さが光り、中軸の3番中村勇真主将(3年)、4番水谷公省(2年)は長打力がある。

 今大会には、49代表が出場。花巻東と鳴門の顔合わせは2013年の準々決勝以来で、その試合は花巻東が5-4で勝利している。県勢としては、盛岡大附が16年の3回戦で対戦し、9-11で敗れている。

 花巻東は09年、13年に4強、15年に16強入り。昨夏は1回戦敗退を喫しており、夏の甲子園で4年ぶりの初戦突破を目指す。

しっかり対策練る 花巻東・中村勇真主将

 鳴門はとにかく打撃の良いチームという印象。初戦の4日目まで時間があるので、しっかりと対策を練りたい。甲子園行きが決まってから、チームの雰囲気はいい。練習の質も上がってきているし、投手陣の状態も良い。全力でぶつかりたい。

胸を借りるつもりで 鳴門・塩唐松宏将主将

 花巻東は全国でも名の通ったチーム。チャレンジャーとして胸を借りるつもりでぶつかりたい。早く本番になってほしいと、わくわくした気持ち。自分もキャプテンとしてみんなをサポートし、1番打者として頑張る。

momottoメモ

日本一への挑戦 ~花巻東10度目の夏~

第101回全国高校野球選手権大会に、2年連続10度目の出場を決めた花巻東。岩手大会では多彩なタイプの投手陣を擁し、好機を着実に物にする勝負強い打線で勝ち上がり、初の夏連覇を達成した。岩手大会での戦いぶりを振り返りながら、「岩手から日本一」を目指すチームの投打の戦力を分析する。(文中敬称略、2回続き)

(上)豊富な投手陣、継投が鍵
(下)機動力絡め、緻密な攻撃

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年9月18日付
県内外
2019年9月18日付
県内外
2019年9月18日付
県内外
2019年9月18日付
県内外
2019年9月18日付