北上・西和賀

一人で買い物できるかな 生協ベルフ北上で初開催

初めて買い物を体験する幼児たち

 いわて生協は9日、幼児を対象にした買い物体験を北上市本通りのいわて生協ベルフ北上で行った。参加した子供たちが親を頼らず“はじめてのおつかい”に挑戦。子供たちはうきうき顔で指定された商品を買い物かごに入れ、レジでお金を支払うまでを体験した。

 乳幼児親子を対象とする子育て応援の取り組みの一環。2015年に始まり、同店では初開催。

 同日は4~5歳の幼児を含む親子4組が参加。スタッフから500円を受け取った子供たちは、売り場を巡ってカードに掲載された写真を参考にパンやハム、スライスチーズなど目的の商品を陳列棚から探し出し、買い物かごに入れてレジで会計するまでを体験。買い物の後は購入した商品でサンドイッチを作ってみんなで味わった。

 同市里分の葛西礼慈ちゃん(5)は「走って買い物をしたのが楽しかった。難しくなく、迷わずできた。また自分で買い物がしたい」と笑顔を見せた。母親の会社員香奈子さん(34)は「少しでも自立心を養おうと体験させた」と動機を説明し、「見ていてどきどきしたが、予定通りの物を買えたのでよく頑張ったと思う。わが家でもやらせてみたい」とほっと胸をなでおろしていた。

 同生協組合員活動チームの神部友佳さんは「幼児が一人で買い物をすることが心配だが挑戦させたいお母さんの要望を踏まえ、おつかいの機会を提供している。一緒にサンドイッチを作って夏の思い出にしてほしい」と話した。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2019年9月23日付
北上・西和賀
2019年9月23日付
北上・西和賀
2019年9月23日付
北上・西和賀
2019年9月23日付
北上・西和賀
2019年9月22日付