奥州・金ケ崎

真っ赤な実 夏空に映え 奥州・江刺 紅ロマン収穫始まる【いわて瞬感】

夏の日差しの中、真っ赤に実った紅ロマンの収穫作業

 奥州市江刺愛宕地区のリンゴ園で、極わせ種「紅ロマン」の収穫が始まり、真っ赤に熟したリンゴを収穫する作業が進められている。

 同地区では7月下旬から今月にかけて一気に気温が上がり、盛岡地方気象台の観測によると35度を超える猛暑日も7日間観測されるなど高温が続いている。

 1・5ヘクタールの園地で紅ロマンを生産している菅野冨士夫さん(71)方では14日から収穫が始まった。15日は暑さを避けて午前中に出荷まで行った。菅野さんは「高温で着色に遅れがあるが、出来は良い」と話している。

 紅ロマンは8月中旬から収穫できる真っ赤な果実と適度な硬さが特徴。菅野さんは「この時期の真っ赤なリンゴは人気がある。よそでもこの時期の赤い実はあるが、紅ロマンの方が赤い」という。

 JA江刺によると、「江刺りんご」のスタートを切る紅ロマンは、17日から選果開始し、22日に盛岡中央卸売市場で初競りが行われる。出荷目標は1万2000ケース(1ケース10キロ入り)としている。

momottoメモ

オススメおでかけスポット
【Gallery+Cafe Mizusaki Note】

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2019年11月15日付
奥州・金ケ崎
2019年11月15日付
奥州・金ケ崎
2019年11月15日付
奥州・金ケ崎
2019年11月15日付
奥州・金ケ崎
2019年11月15日付