花巻

「賢治」等身大パネル 童話村企画展 アニメ・文豪ストレイドッグス 描き下ろしイラストも【花巻】

文豪ストレイドッグスの賢治パネルや描き下ろしイラストを展示している企画展

 花巻市高松の宮沢賢治童話村内の賢治の学校で、賢治が主要キャラクターとして登場するアニメ「文豪ストレイドッグス」の企画展が開かれている。描き下ろしイラストなどが展示され、ファンらの関心を集めている。9月1日まで。

 市や花巻商工会議所などで構成する賢治フェスティバル実行委員会の主催。童話村はアニメツーリズム協会の「アニメの聖地88」に選定されており、文豪ストレイドッグスも舞台の横浜市がアニメの聖地となっているのを受け、コラボレーション企画が実現した。

 同作品は、太宰治や中島敦、国木田独歩など文豪の名前を持つキャラクターを描いたアクション。文豪たちが著作にちなんだ異能力で激しいバトルを繰り広げるのが見どころ。作品中の賢治は、主人公の中島敦らが所属する「武装探偵社」の一員で、能力「雨ニモマケズ」を用いて戦う。

 企画展では漫画やアニメのシーンパネルを合わせ17点を展示。作品で賢治の身長が158センチに設定されているため等身大のパネルを用意したほか、賢治の学校を背景にした賢治と太宰が一緒の描き下ろしイラストなどが並んでいる。

 太宰の出身地の青森県から訪れた女性(22)は「童話村には初めて来た。太宰が『人間失格』、賢治が『雨ニモマケズ』で敵と戦うのが面白い」と話していた。

 実行委によると、描き下ろしイラストを使用したクリアファイルは1部300円(1人2部まで)で購入できるが、売り切れるほどの人気という。19日から再発売する予定。

 賢治の学校の入場時間は、午前8時30分から午後4時30分(童話村ライトアップ開催日は7時)まで。入場料は一般350円、高校・学生250円、小・中学生150円。問い合わせは童話村=0198(31)2211=へ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2019年11月21日付
花巻
2019年11月21日付
花巻
2019年11月21日付
花巻
2019年11月21日付
花巻
2019年11月20日付