奥州・金ケ崎

ごみ減量化 実践誓う 奥州市環境大会 功労、模範団体表彰も

功労者への表彰などが行われた奥州市環境大会

 第3回奥州市環境大会(市、市公衆衛生組合連合会、環境市民会議「奥州めぐみネット」主催)は21日、同市水沢佐倉河の市文化会館(Zホール)で開かれ、ごみの減量化と資源循環を図る実践活動を進めることを誓い合った。

 同大会は環境衛生の問題について関係者が一堂に会し解決の方向を見いだすとともに、地域実情に応じた活動を展開し、一層住みよい生活環境の実現を目指そうと開催。環境衛生に関する取り組みへの功労者、模範団体に対する表彰、感謝状贈呈のほか、紙芝居上演、講演、大会宣言が行われた。

 開会に当たって小沢昌記市長は「地球環境は厳しい時代に突入しているが、できることは身近な所にたくさんある。一人ひとりの意識付けから始まり、実践の輪が広がることで良い環境を将来世代に引き継げられる。大会をきっかけとしてほしい」とあいさつ。水沢公衆衛生組合連合会の千葉幸悦さんに市長感謝状を手渡した。

 このほか、奥州めぐみネットの若生和江代表が紙芝居「世界でいちばん早く日がのぼる国キリバス 南の島のルールー」を上演、ファーメンステーションの酒井里奈代表取締役が「未利用資源から始まる楽しい社会! ゴミはゴミじゃない⁈」と題して講演を行った。

 酒井代表取締役は、廃棄されていた物を未利用資源として活用し注目される商品の開発に当たっている同社の現状を語るとともに、「奥州市には資源がまだある。今後も無駄のない社会を目指したい」と抱負を語った。

 市長感謝状を除く受賞者は次の通り。(敬称略)

 ◇市公衆衛生組合連合会長表彰▽模範団体=原中第5区町内会生活環境部(水沢)真城が丘町内会(同)餅田振興会(江刺)岩谷堂6区親交会(同)「獅子、ほたるの舞う里梁川地域協議会」(同)西窪公衆衛生組合(衣川)▽功労者=石川善弘(立町衛生組合)佐藤秀子(駅通り衛生組合)佐藤忠雄(福吉町衛生組合)及川勝幸(原中第3衛生組合)千田二男(原中第4衛生組合)及川重夫(栃の木衛生組合)吉田健一(要害衛生組合)菊池將文(黒田助衛生組合)菊池克博(大通り自治会)菅野健悦(梁川日舘区自治会)菊池孔志(玉里振興会環境保健部)阿部忠次(惣之町公衆衛生組合)佐々木清人(外の沢公衆衛生組合)

 ◇県公衆衛生組合連合会胆江支部長表彰▽功労者=青木清喜(水沢公衆衛生組合連合会)髙橋安司(同)熊谷寛二(同)千田哲男(胆沢公衆衛生組合連合会)

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2019年11月21日付
奥州・金ケ崎
2019年11月21日付
奥州・金ケ崎
2019年11月21日付
奥州・金ケ崎
2019年11月21日付
奥州・金ケ崎
2019年11月21日付