北上・西和賀

実戦重ね投打に磨き 社会人野球KBBC 県代表で全国初出場【北上】

全日本早起き野球大会に本県代表として初出場する社会人野球チームKBBC

 北上市の社会人野球チームKBBCは、9月6日に北海道千歳市などで開幕する第39回全日本早起き野球大会に本県代表として初出場する。同チームは「全国に岩手の名を広め、チームを飛躍させたい」と意気込む。

 同チームは北上、花巻両市の10~20代の経験者約50人で構成。かつて学童野球の指導者だった木村光二監督(49)が当時の教え子たちを集めて2014年に立ち上げ、毎週日曜日のリーグ戦など実戦を通じて経験を積みながら投打に磨きを掛けている。

 持ち前の機動力を絡めて打線をつないでいくのがチームの攻撃スタイルで、主将の佐々木廣志投手(25)と清水一光捕手(19)のバッテリーを中心に守りを固める。今シーズンは試合を重ねるごとに調子を上げており、選手一人ひとりの打撃力も向上している。

 全国大会出場は、大会を主催する全日本早起き野球協会(東京都)への加盟が条件だが、県内ではこれまで沿岸1市しか加盟していなかった。本県からも全国を目指せる機会をつくろうと、加盟組織となる北上協会を木村監督が発足させたことから、主催者の推薦を得てKBBCの全国出場が決まった。全国大会では32チームがトーナメント形式で優勝を争う。KBBCは来月7日、群馬県の前橋おとなクラブと対戦する。佐々木主将は「自分たちはバッティングが強みのチーム。行くからには頂点を目指したい」、木村監督は「勝ち負けを抜きにしても全国のチームと対戦できるのはとても楽しみ。全国での経験を地元の試合に生かせるようにしたい」と開幕を心待ちにする。

 同チームは別の大会である県早起き野球選手権大会北上地区予選の決勝で県大会常連チームを下し初優勝。来月開催される県大会にも出場する。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2019年9月15日付
北上・西和賀
2019年9月15日付
北上・西和賀
2019年9月15日付
北上・西和賀
2019年9月15日付
北上・西和賀
2019年9月15日付