奥州・金ケ崎

建物の安全対策確認 県南局など 水沢競馬場など防災査察【奥州】

建築物防災週間に合わせ水沢競馬場を査察する県職員ら

 建築物防災週間(5日まで)に合わせ、県南広域振興局をはじめとする関係機関・団体の防災査察が3日、奥州市内の事業所・施設3カ所で行われた。管理・所有者らの立ち会いの下、不特定多数が出入りする建物の安全対策を確認した。

 同週間は春と秋に設定されており、同局土木部と管内の各土木センターは、各市町や消防署、建築関係団体の協力で査察を実施している。

 今回の市内の査察は、大型集客施設で定期的に防災対策について報告を求めている建物のうち▽水沢競馬場▽ラグジュアリーリゾート ベル・オーブ水沢▽AMUSEMENTS BOX LIVE―が対象。同局と市、奥州金ケ崎行政事務組合消防本部などからの7人態勢で査察した。

 このうち同市水沢姉体町の同競馬場では、メインスタンドなどの耐震性や防火設備の現状、エレベーター、階段など避難・救出のための設備、ブロック塀の経年劣化状態などを見回った。

 同局の昆野哲技術主幹兼建築指導課長は「災害はいつ起きるか分からず、人が多く集まる施設は一層混乱する恐れがあるが、日ごろの管理がちゃんとしていれば対応できる。一般の方も自宅からの避難時の身の周りの安全などを考え、注意力を高めてほしい」と呼び掛けていた。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2019年11月12日付
奥州・金ケ崎
2019年11月12日付
奥州・金ケ崎
2019年11月12日付
奥州・金ケ崎
2019年11月12日付
奥州・金ケ崎
2019年11月12日付