一関・平泉

白い花 一面に 舞川のソバ畑【一関】

畑一面に白い花が咲いた一関市舞川のソバ畑

 一関市舞川地内の圃場(ほじょう)でソバの花が見頃を迎え、一面に広がる白い花が地元住民らの目を楽しませている。

 ソバを活用した地域活性化に取り組む五区楽そば倶楽部(氏家明代表)が地区内で増える休耕田で2005年から栽培を始め、収穫したソバは乾麺やそば粉にして市内の産直施設で販売している。

 今年は7月下旬に一般参加者も交じえて種まきを実施。氏家代表によると、天候に恵まれて8月28日ごろ開花し、9月に入り見頃を迎えたという。畑では花と共に小さな白い実がなっている。花は10日ごろまで楽しめる見通しで、下旬から10月上旬にかけて一般参加者を募りソバを収穫する予定。

 氏家代表は「大雨や強風がなかったおかげで、茎が折れることもなく順調に育ってくれた。この時期にしか見れないソバの花を多くの人に楽しんでほしい」と話している。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年11月16日付
一関・平泉
2019年11月16日付
一関・平泉
2019年11月16日付
一関・平泉
2019年11月16日付
一関・平泉
2019年11月16日付