一関・平泉

家電量販店などかたる 一関市内・不審電話相次ぐ

岩手県警一関署=一関市山目三反田

 一関署は5日、家電量販店などをかたる手口の特殊詐欺とみられる不審な電話が一関市内で午後5時過ぎまでに9件確認されたと発表した。クレジットカードやキャッシュカードを言葉巧みに奪い、現金が引き出される恐れがあるとみて地域住民に注意を促している。

 同署によると不審な電話は、大手家電量販店をかたる男の声で「あなた名義のクレジットカードを使って買い物をしようとした男性を捕まえている」「キャッシュカードが使えなくなっているので、預金保険機構の担当者から電話させる」という内容。応じてしまうと、預金保険機構職員や警察官などを名乗る犯人に自宅を訪問され、カードを確認するとして提出を求められ、すり替えて盗まれた後で現金をだまし取られると予想される。

 被害を防止するため、同署は「『キャッシュカード』『お金の払い戻し』といった内容の話については詐欺を疑い、すぐに電話を切って警察に通報してほしい。絶対に暗証番号は教えないこと」と呼び掛けている。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年11月18日付
一関・平泉
2019年11月18日付
一関・平泉
2019年11月18日付
一関・平泉
2019年11月18日付
一関・平泉
2019年11月18日付