一関・平泉

深紅の花 鮮やか 紫舘公園 ヒガンバナ見頃【一関】

紫舘公園内で見頃を迎えたヒガンバナ=27日、一関市花泉町涌津

 一関市花泉町涌津の紫舘公園に植えられているヒガンバナが開花した。同公園保存会が10年ほど前から株分けして増やし続けてきた。秋風に揺れる深紅の花は、10月上旬まで見頃が続くという。

 同保存会によると、群生するヒガンバナは23日ごろから開花。北東側の斜面や遊歩道脇に植えられ、辺りを赤く染めている。

 植栽は同公園に親しんでもらおうと始まった。ヒガンバナのほかにもアジサイや桜なども植えられており、定期的な草刈りなどで環境整備が図られている。

 同保存会の小林賢さん(69)は「例年に比べて1週間くらい開花は遅かったが、きれいに咲いた。園内には3000本以上は植えられていると思う」と言い、小野寺岩門会長(70)は「昔は公園に入って来る人はほとんどいなかった。いろいろな花を植えて住民に興味を持ってもらい、地域の憩いの場にしていきたい」と語っていた。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年10月23日付
一関・平泉
2019年10月23日付
一関・平泉
2019年10月23日付
一関・平泉
2019年10月23日付
一関・平泉
2019年10月23日付