一関・平泉

夏日に冬服 一関地方 衣替え

衣替えを迎え、冬服で通学する県立一関二高の生徒

 衣替えを迎えた1日、一関地方では、ネクタイを結んだサラリーマンや冬服を着た学生の姿が見られた。盛岡地方気象台によると、同日の最高気温は一関で27・9度、千厩では10月の観測史上最高の27・4度を記録する夏日となり、上着を手に持ちながら通勤、通学する人もいた。

 一関市赤荻の県立一関二高(中崎ゆかり校長、生徒613人)では、紺色のジャケットを着た女子生徒や学生服姿の男子生徒が自転車や徒歩などで次々に登校した。

 1年の中津瞳さん(15)は「(朝方は)徐々に寒くなってきたので衣替えできて良かった。気持ちも切り替えて勉強を頑張りたい」と話していた。

 同気象台によると、2日の県内は高気圧に覆われ、おおむね晴れる見込み。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年12月10日付
一関・平泉
2019年12月10日付
一関・平泉
2019年12月10日付
一関・平泉
2019年12月10日付
一関・平泉
2019年12月10日付