県内外

中止、変更相次ぐ 3連休のイベント 台風19号接近で【岩手】

 大型で猛烈な台風19号が接近する恐れがあるため、12日からの3連休に予定されていたイベントの中止や変更が相次いでいる。来場者らの安全面を考慮した措置で、屋外のみならず屋内イベントにも影響が及んでいる。

【3、社会面に関連】

 北上市内では、いわて北上マラソンの中止を決めたほか、台風接近のため、夏油高原まつり実行委員会が12、13の両日、同市和賀町の夏油高原スキー場で開催予定だった夏油高原紅葉まつり2019の中止を決めた。

 実行委は「お客さん、スタッフの安全確保を第一に考えた苦渋の決断」と説明。14日と19、20の両日は予定通り開催する。

 市などは12日、同市稲瀬町で実施予定だった2019年度北上・和賀地区植樹祭も中止する。

10日現在、3連休中に一関地方で予定されていたイベントのうち、新たに中止が決まった主なものは住宅祭2019(12、13日、一関市総合体育館)、一関・平泉バルーンフェスティバル2019関連イベント(13日、同)、第30回東日本合唱祭(12日、一関文化センター)、第55回岩手日日旗争奪県南中学校選抜軟式野球大会(12~14日、東台球場)、鉄道の日イベント(12日、JR一ノ関駅)、県消防協会一関地区支部消防連合演習(13日、同市花泉町)。いずれも来場者や出演・出場者らの安全面を考慮した。

 バルーンフェスティバル関連イベントでは、「よしお兄さんの親子体操」「バルーンクラブPRブース」「マーカー投げ体験」「バルーンランタン展示会&絵描き」が中止。住宅祭で予定していた第8回市景観まちづくり賞表彰式は延期(期日未定)となる。

 東日本合唱祭は、東京や京都など遠方からの招聘(しょうへい)団体の移動手段なども考え初の中止。前売り券は購入場所でのみ払い戻しが可能。期間は11月1日まで。青沼益夫実行委員長は「第30回の節目の舞台として入念に準備してきたので残念だが、安全を第一に考えて決断した」と理解を求めている。

 岩手日日旗争奪県南中学校選抜軟式野球大会は、悪天候による選手や父母らへの影響のほか、今月中旬以降の各校の行事予定などを踏まえた。

 鉄道の日イベントではポケモン装飾お披露目などが中止となり、県消防協会一関地区支部消防連合演習は災害対応などのため取りやめる。

 一方、第52回日本女子ソフトボールリーグ1部第9節岩手大会(12、13日、一関運動公園野球場)は1日順延し、13、14日に開催。13日は第1試合を正午開始とし、順次3試合実施する。14日は12日に予定されていた3試合を行う。

 奥州市や金ケ崎町内で12、13日に予定していたイベントについて、主催者側から新たに中止や延期が発表された。次の通り。

 ◇中止 -アテルイ・モレ ロマン古道-東海道(あづまかいどう)を歩く会(12日、奥州市・羽田地区センター発着)、星空観望会(12日、奥州市・奥州宇宙遊学館)、元気100歳赤とんぼ爽やかウオーク2019(13日、金ケ崎町・森山総合公園陸上競技場発着)

 ◇延期 県立江刺病院市民健康公開講座(12日、江刺総合支所=日程未定)、第7回高橋栄子と仲間たち 唄と踊りのバラエティショー(13日、奥州市まちなか交流館=19日に延期)、ノルディックウオーキングフェスタin金ケ崎(13日、金ケ崎町・森山総合公園陸上競技場発着=日程は後日公表)

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年12月10日付
県内外
2019年12月10日付
県内外
2019年12月10日付
県内外
2019年12月10日付
県内外
2019年12月10日付