北上・西和賀

石塚捕手「実感湧いた」 関係者が指名あいさつ ソフトバンク育成1位【北上】

指名あいさつを受けた後、ソフトバンクの帽子をかぶり笑顔を見せる石塚捕手

 プロ野球ドラフト(新人選択)会議でソフトバンクから育成1位指名された県立黒沢尻工業高校3年の石塚綜一郎捕手(18)は31日、北上市村崎野の同校で球団関係者から指名あいさつを受けた。石塚捕手は「あいさつに来てくださり、指名された実感が湧いてきた。捕手としての肩やバッティングが持ち味なので、そこをプロ野球の世界でも存分に発揮したい」と入団に前向きな姿勢を示した。

 球団からスカウト・育成部の作山和英アマスカウトチーフ補佐らが来校し、石塚捕手と三田章徳校長、石橋智監督らと懇談した。

 あいさつ後の記者会見で石塚捕手は「日本シリーズも見ていたが、日本一になったチームに指名してもらいうれしい気持ち」と改めて喜びを口にし、今後については「全てが新しく夢だったことばかりでわくわくしている。日本一のチームでキャッチャーとして活躍されている甲斐(拓也)選手を見習っていきたい」と意気込みを新たにした。

 作山チーフ補佐は「高校生の割にしっかり体もできているので期待できると感じた。長打力のあるバッティングが高校生離れしている」と評価した上で、「新しい世界に入るのは不安だと思うが、野球をする環境・施設は恵まれているし、日本一のスタッフもいるので心配せずに福岡に来てほしい」と思いを伝えた。

 今後は12月初旬に入団発表と本契約を行う見通し。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年9月25日付
北上・西和賀
2020年9月25日付
北上・西和賀
2020年9月25日付
北上・西和賀
2020年9月25日付
北上・西和賀
2020年9月25日付