県内外

初霜と初氷 盛岡で観測 本州で今季初

 盛岡地方気象台は4日、盛岡市で初霜と初氷を観測したと発表した。初霜は平年より13日、昨年より13日遅い。初氷は平年より8日、昨年より1日遅い。ともに本州では今季初の観測となった。

 同日の県内は高気圧に覆われて晴れ、地表の熱が奪われる放射冷却現象で冷え込んだ。県内36観測地点のうち、27地点で今季最低気温を更新。12地点で氷点下となり、最も気温が低かった盛岡市藪川では氷点下4・9度を観測した。同気象台によると、5日の県内も高気圧に覆われて晴れや曇りとなる見込み。

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年11月12日付
県内外
2019年11月12日付
県内外
2019年11月12日付
県内外
2019年11月12日付
県内外
2019年11月12日付