一関・平泉

栗駒山が初冠雪 昨年より5日遅く【一関】

山頂付近に積もった雪が雲間から顔をのぞかせた栗駒山=5日午前7時30分

 5日の一関地方は、放射冷却現象による影響で朝方の最低気温が一関で3・7度、千厩では2・2度(ともに盛岡地方気象台調べ)と今季一番の寒さとなり、岩手、秋田、宮城の3県にまたがる栗駒山(1626メートル)では昨年より5日遅く初冠雪が確認された。山頂付近をうっすらと覆う雪は一関市中心部からも視認でき、通勤や通学途中の市民も雲間からのぞく白い山肌に間近に迫った冬の訪れを感じ取っていた。

 同気象台によると、6日は高気圧に覆われるため晴れるが、寒冷前線が通過する影響で朝方まで雨の降る所がある見込み。

momottoメモ

▲国道342号冬季閉鎖 真湯―須川高原温泉間

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2019年11月19日付
一関・平泉
2019年11月19日付
一関・平泉
2019年11月19日付
一関・平泉
2019年11月19日付
一関・平泉
2019年11月19日付