奥州・金ケ崎

松本幸四郎さんら大使に 魅力発信へ期待 市が新たに3人委嘱【奥州】

 奥州市は、1日付で歌舞伎役者松本幸四郎さんら3人を新たに奥州大使に委嘱した。同大使は同市にゆかりがあり、活躍している人に委嘱しており、同市の情報発信などを行う。小沢昌記市長は「新たに委嘱した3人も奥州市の魅力を発信してくれる方々。活躍に期待している」と話している。

 同日付で委嘱されたのは10人の再任者を含め13人。新たな大使は、松本さんと元マラソンランナー那須川瑞穂さん、フジテレビアナウンサー久慈暁子さん。

 松本さんは、歌舞伎NEXT「阿弖流為(あてるい)」に主演したほか、歴史公園えさし藤原の郷でのロケで滞在した同市に好印象を持っているという。同市水沢の「田んぼアート」で「高麗屋」など歌舞伎をモチーフにした作品での監修が縁で依頼し快諾が得られた。

 那須川さんは、同市出身でいわて奥州きらめきマラソンの大会アンバサダーを務めている。併せて教室の講師を務め、子供から大人までを対象にした走法指導も行っている。久慈さんも同市出身で、朝の人気情報番組のキャスターとして活躍している。

 大使には名刺が支給されるほか、市広報、パンフレットなどを送付。役割は、日常の中で周囲に同市の魅力と良さを宣伝するほか、まちづくりや市勢振興への情報提供、助言となっている。任期は2021年10月31日までの2年間。

 ※記事の一部を修正しました。

momottoメモ

▲「高麗屋三代」りりしく 歌舞伎俳優 松本幸四郎さん 田んぼアートに感激

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2019年12月8日付
奥州・金ケ崎
2019年12月8日付
奥州・金ケ崎
2019年12月8日付
奥州・金ケ崎
2019年12月8日付
奥州・金ケ崎
2019年12月8日付