県内外

洋風こたつ列車を運行 三鉄、来月から【岩手】

三陸鉄道南リアス線の「洋風こたつ列車」に乗ってのんびり過ごす子供たち(2019年1月14日撮影)

 三陸鉄道は、12月14日から「洋風こたつ列車」を運行する。レトロ車両にこたつ掛けをした内装が特徴で、2020年1月26日までの土日を中心にリアス線盛―釜石間を走行。乗車予約を受け付けている。

 洋風こたつ列車は、18年に冬ならではの列車として登場。来月の土日と、20年1月の元日を除く土日・祝日に運行する。盛―釜石間を1日1往復し、盛を午前11時30分、釜石を午後1時5分にそれぞれ出発する。昼食として、「ハイカラさんランチ」(4000円)などの弁当やスイーツBOX(500円)の事前予約を受け付けている。

 社内ではハイカラさんアテンダントによる紙芝居、沿線の見どころ案内などが行われる。乗車には運賃に加えて指定席料金300円が必要。問い合わせ、事前予約は三陸鉄道盛駅=0192(27)1504=へ。予約は乗車予定日の3日前までに申し込む。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

県内外
2019年12月14日付
県内外
2019年12月14日付
県内外
2019年12月14日付
県内外
2019年12月14日付
県内外
2019年12月14日付