奥州・金ケ崎

「ハンター」から“逃走中!” 南小おやじの会 人気番組モチーフに【奥州】

父母らが扮した「ハンター」から逃走する南小児童

 南小おやじの会(郷右近浩会長)による「逃走中in南小」は16日、奥州市水沢の水沢南小学校で行われた。人気テレビ番組をモチーフにした企画で、会員ら児童の父母や、水沢南中学校陸上部の生徒が扮(ふん)した「ハンター」に捕まらないよう、児童たちが与えられたミッションにも挑戦しながら規定時間、全速力で逃げ回った。

 全校児童656人のうち希望者247人が参加。黒のスーツにサングラス姿のハンターたちが登場し、自身もハンターとなった郷右近会長は「全員捕まえる。けがをしないようしっかり逃げてほしい」と呼び掛けた。

 校舎・建物以外の敷地内をフィールドに最初は15人のハンターが出動。15個の宝を見つけるミッションに児童たちが失敗すると、水沢南中陸上部の13人を含む21人のハンターが追加されたが、逃げ残った児童たちが第2のミッションを成功させ、捕まっていた児童全員の解放に成功した。

 児童たちは残り10分ほどで、次々と追い掛けてくるハンターの手をかわしながら奮戦。終了時には11人が逃走に成功し、菊地翔太君(3年)は「1回は(捕まって)失敗したが、逃げ切ることができてうれしかった」と笑顔を見せていた。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2019年12月16日付
奥州・金ケ崎
2019年12月16日付
奥州・金ケ崎
2019年12月16日付
奥州・金ケ崎
2019年12月16日付
奥州・金ケ崎
2019年12月16日付