奥州・金ケ崎

みどりの郷アイスアリーナ 待望の氷上 思い思いに【金ケ崎】

みどりの郷のアイスアリーナで初滑りを楽しむ来場者

 金ケ崎町永栄上宿のみどりの郷のアイスアリーナは23日、今季の営業を開始した。初日から早速親子連れらが来場し、初滑りを楽しんだ。2020年4月5日まで営業する。

 1800平方メートルの広さがある県南地区最大規模の民営リンク。午前10時にアナウンスで開場が告げられ、幅広い年代が氷上に繰り出した。

 保護者らに手を引かれてスケート靴に慣れようとする子供らの一方、器用にスピンをしたり、鋭角で方向転換をしたりする成人らも見られ、思い思いに満喫していた。伊藤翔君(永岡小学校4年)は「ここ5、6年は毎年10回くらい来ている。今年も同じくらい来たい」と話し、待ちわびた様子でリンクに向かった。

 みどりの郷によると、12月13日まで平日の営業は貸し切りのみ。その後は冬休み期間(同16日~20年1月19日)と春休み期間(同3月21日~4月5日)が土日、祝日と同じ午前10時~午後5時30分の営業となる。それ以外の平日は午後1~5時。12月22日にはサンタクロースが小学生以下にお菓子をプレゼントするイベントを開く。問い合わせはみどりの郷=0197(44)2131=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2020年11月26日付
奥州・金ケ崎
2020年11月26日付
奥州・金ケ崎
2020年11月26日付
奥州・金ケ崎
2020年11月26日付
奥州・金ケ崎
2020年11月26日付