花巻

地元自慢の味コラボ マルカン大食堂×エーデルワイン 食べて飲んで大満足【花巻】

来場者がマルカンビル大食堂のメニューとワインのコラボレーションを楽しんだエーデルワインまつり

 マルカンビル大食堂のメニューに合わせ、エーデルワインの飲み放題を楽しめるイベント「エーデルワインまつり」は23日、花巻市上町の同大食堂で開かれ、家族連れらでにぎわった。

 同市大迫町のエーデルワインと上町家守舎の初のコラボレーション企画で、1000円のチケット制。会場には自由に味わうことのできる赤、白、ロゼの樽が用意されたほか、エーデルワインの従業員が「いわてヌーヴォー」や「星の果樹園シードル」「五月長根葡萄園」「早池峰神楽ワイン」といったコンクール入賞歴のあるワインを含む24種類を注いだ。本数が少ないフラッグシップ商品8種類も別料金で提供された。

 食事は同食堂で購入する形で、通常のメニューに加え、チーズの盛り合わせやローストビーフ、サーモンのマリネ、タコのマリネなどワインに合う特別つまみメニューも販売。来場者は家族で夕食を取りながらワインを味わったり、お気に入りのワインを探したりと思い思いに楽しんだ。

 同市石鳥谷町の佐藤公俊さん(47)は「街中の飲み放題イベントなので行きやすい。これほどのワインのラインナップで1000円は破格。タコのマリネと白ワイン、ナポリかつと赤ワインなどの組み合わせも良い」と堪能していた。

 エーデルワインの藤舘昌弘代表取締役社長は「地元の皆さんに良い雰囲気でワインを楽しんでいただいている。マイワインや、知り合いをイメージするワインなどを見つけ、お歳暮やクリスマスなどに使ってもらいたい」と話していた。

地域の記事をもっと読む

花巻
2019年12月6日付
花巻
2019年12月6日付
花巻
2019年12月6日付
花巻
2019年12月6日付
花巻
2019年12月6日付