花巻

Xマス料理 家庭でも 調理法、こつ プロが解説【花巻】

ローストチキンなどクリスマス料理作りを楽しむ参加者

 エーデルワイン・サポートが運営する体験工房森のくにのクリスマス料理教室は5日、花巻市大迫町の同工房で行われ、市内から参加した男女8人が家庭でもできるクリスマス料理の作り方を教わった。

 レストランベルンドルフの髙橋憲司総料理長が講師を務め、クリスマスリース風サラダ、ローストチキン、ローストビーフ、ミネストローネ、塩鶏のカプレーゼ風サラダ、デザートの6品の作り方を教えた。

 このうち、ローストチキンは骨付き鶏もも肉に塩やコショウをまぶすなどして下ごしらえし、オレンジの輪切りなどと一緒にオーブンで焼き上げた。ローストビーフはもも肉ブロックをフライパンで焼き、ブロック6面全てに焼き目を入れ、アルミ箔(はく)で包んで時間を置き、頃合いを見てカットした。

 髙橋総料理長は「今年のクリスマスは水曜日なので、土日に家族でチキンの下ごしらえをして3日間寝かせ、聖夜に食べるとおいしい。ローストビーフは家庭のフライパンでも作れるので火加減に注意して試してほしい」などと説明。調理が進むにつれて香ばしい匂いが漂い、出来上がった料理は全員で試食し、クリスマスの雰囲気を一足早く味わった。同市湯本の田中安子さん(66)は「ローストビーフが家庭でも簡単にできる方法や、ひと工夫でおいしいクリスマス料理ができるので参加して楽しかった。家でも試してみたい」と話していた。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年7月12日付
花巻
2020年7月12日付
花巻
2020年7月12日付
花巻
2020年7月12日付
花巻
2020年7月11日付