一関・平泉

おらほの方言 ばんざい 千厩市民セ70周年記念事業 菊池幸見さんが講演【一関】

方言の魅力を語る菊池さん

 千厩公民館・千厩市民センター70周年記念事業として15日、一関市千厩町のマリアージュを会場にIBC岩手放送メディア放送本部報道局次長兼アナウンス部長の菊池幸見さんを講師に招いた「21世紀塾地域づくり特別講演会」と、大船渡市のボランティア劇団「気仙ボケ一座」による公演が催された。

 地域を見詰め直し、まちづくりに対する意識を高めようとの狙いで、千厩まちづくり協議会が主催し、岩手日日新聞社などが後援。菊池さんは「わがまちばんざい!―方言だって地域の宝」を演題に、メインキャスターを務めるラジオ番組の裏話などを披露した。

 番組ではリスナーが日々の出来事や思い出話などを方言で投稿するコーナーがあり、菊池さんが厳選した新旧の投稿を次々に読み上げると、聴講者およそ100人も身を乗り出して聴き入り、大声で笑ったり、しんみりしたりと、方言だからこそ伝わるリスナーの心のひだに共感しているようだった。

 気仙ボケ一座は「人生を楽しくボケへの理解―三つの伝えたいこと」と題して公演。認知症のお年寄りが抱える問題などについて、深刻になり過ぎずユーモアを交えて熱演し、認知症への正しい理解を求めた。

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年1月28日付
一関・平泉
2020年1月28日付
一関・平泉
2020年1月28日付
一関・平泉
2020年1月28日付
一関・平泉
2020年1月28日付