奥州・金ケ崎

声援力に全力プレー 知事杯小学生タグラグビー【奥州】

タグラグビーで攻防を繰り広げる選手

 第3回県知事杯小学生タグラグビー大会兼サントリーカップ第16回全国小学生選手権大会県予選(日本ラグビーフットボール協会主催)は15日、奥州市の市総合体育館(Zアリーナ)で開かれた。

 熱戦の結果、チャンピオンリーグでは日詰サンライズ(紫波町)が優勝。2020年1月26日に山形市で開かれる東北ブロック大会の出場権を得た。

 同リーグには11チームが出場し、予選・決勝のリーグ戦で優勝を争った。競技を楽しむフレンドリーグには17チームが出場。予選リーグと決勝トーナメントで競った。

 タグラグビーは、選手が腰に着けたタグを奪うことでタックルが成立したことになるルールで、体の接触が少なくプレーできる。試合で子供たちは仲間らの声援を受け、白熱した試合を繰り広げていた。

 チャンピオンリーグのこの他の結果は次の通り。

 (2)赤石レッドカルロス(紫波町)(3)鵜住居ウォリアーズA(釜石市)

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2020年4月8日付
奥州・金ケ崎
2020年4月8日付
奥州・金ケ崎
2020年4月8日付
奥州・金ケ崎
2020年4月8日付
奥州・金ケ崎
2020年4月7日付