北上・西和賀

県若年者技能競技会 知事賞含む3人入賞 北上高等職訓校 市長に報告、研鑚誓う

髙橋市長(右)に県若年者技能競技会での入賞を報告した受賞者ら

 北上高等職業訓練校の訓練生3人が、10月24日に滝沢市で開かれた県若年者技能競技会で、金賞と銀賞に輝いた。16日には髙橋敏彦北上市長に入賞を報告し、さらなる研鑚(けんさん)を誓った。

 金賞を受賞したのは、建築板金科2年の金野将典さん(37)=水嶋板金工業所=と建築塗装科1年の菊池弘視さん(22)=和賀美装=。銀賞には配管科2年の八重樫友浩さん(25)=中野商店=が選ばれた。

 競技会は訓練生の技能習得意欲の増進、技能水準向上などを目的に県職業能力開発協会が毎年実施。各科とも制限時間内で課題に臨み、磨いた技術を競った。同校からは5科18人が出場し、3人が入賞。金野さんは金賞受賞者から選ばれる県知事賞にも輝いた。

 3人は同校関係者と市役所を訪問し、入賞の喜びを報告。髙橋市長は「ぜひこの技術を会社に持ち帰ってほしいし、これからも期待している」とたたえた。

 金野さんは「(県知事賞を取れて)うれしかったし、先生やこういった機会を与えてくれた会社の社長にも感謝したい。普段の仕事にも役立つ技術を学べたので、現場で生かしたい」と意気込みを語った。

 菊池さんは「初めての競技会で金賞が取れた。調色が難しかったけど当日はばっちりだった」と自信にあふれた表情。八重樫さんは「便利な道具に頼らない手での施工だったが、きれいに仕上げる意識で取り組んだ」と振り返った。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年7月10日付
北上・西和賀
2020年7月10日付
北上・西和賀
2020年7月10日付
北上・西和賀
2020年7月10日付
北上・西和賀
2020年7月10日付