北上・西和賀

黒工 16強ならず 東京に12-57 全国高校ラグビー

東京に敗れ、引き揚げる黒沢尻工フィフティーン=30日、花園ラグビー場

 【大阪・阿部安希子】第99回全国高校ラグビー大会は30日、大阪・花園ラグビー場で2回戦が行われ、本県代表の黒沢尻工(5大会連続31度目出場)は、Bシードの東京(東京第1、3大会ぶり13度目出場)に12―57で敗れ、2大会連続の16強入りはならなかった。【9、社会面に関連】

 黒沢尻工は序盤から相手に押し込まれる苦しい展開となった。前半2分に自陣のラインアウトからモールでゴール前までボールを持ち込まれて先制されると、立て続けにトライ、PGを許してリードを広げられた。得意のFW戦から敵陣ゴール前まで詰め寄る場面もあったが、反則を犯して得点には至らず、0―22で折り返した。

 後半は拮抗(きっこう)した展開が続いたが、15分に再びモールを押し込まれてトライを奪われると、キックオフから連続で失点。24分にFB畠山太星(3年)が敵陣10メートル付近から相手ボールをインターセプトしてそのまま独走し、終了間際にも密集戦での連続攻撃からFL遠藤柊弥(3年)がインゴールに持ち込んで2トライを奪う意地を見せたが、シードの壁は厚かった。

momottoメモ

▲敗退も意地のトライ 課題、成果 来年の糧に
▲「赤べこ」へ最後まで声援

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年1月27日付
北上・西和賀
2020年1月27日付
北上・西和賀
2020年1月27日付
北上・西和賀
2020年1月27日付
北上・西和賀
2020年1月27日付