奥州・金ケ崎

自慢の4種食べ比べ 産直来夢くん イチゴ農園オープン【奥州】

産直来夢くん・イチゴ農園がオープン。招待されイチゴ狩りを楽しむ東水沢保育園児

 奥州市水沢真城の産直来夢くん・イチゴ農園は11日、オープンした。紅ほっぺなど4品種が40分食べ放題。初日は午後からの開園に先立って東水沢保育園5歳児「さくら組」が招待され、真っ赤に熟したイチゴを頬張って「おいしいー」と大喜び。イチゴ農園は5月末まで営業するという。

 イチゴ農園は、JA岩手ふるさとが運営する同産直の目玉施設。紅ほっぺ、さちのか、あきひめと、昨年からお目見えしたとちおとめの4品種約1万株がハウスの中で育っている。

 初日に招待を受けたさくら組20人は、同産直の千田亮店長らの説明を聞いてイチゴをはさみで摘み取り、次々に口に入れて味わった。佐藤菫ちゃん(6)は「紅ほっぺがおいしかった。柔らかくて甘くていっぱい食べた」と満足していた。

 千田店長は「年末までは日照不足で色づきが心配されたが、回復してオープンを迎えた。寒暖差があるとより一層おいしくなる。多くの人にイチゴ狩りを楽しんでほしい」と呼び掛けている。

 また同産直・モーちゃんアイス工房では、同日から1パックのイチゴを使うイチゴパフェの販売も始まった。

 イチゴ農園は、予約制で水曜日、土日・祝日の午前10時から営業。最終入園は午後2時となっている。料金は大人1800円、小学生1500円、幼児900円、3歳未満無料。問い合わせや予約は同産直=0197(26)4141=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2020年4月3日付
奥州・金ケ崎
2020年4月3日付
奥州・金ケ崎
2020年4月3日付
奥州・金ケ崎
2020年4月3日付
奥州・金ケ崎
2020年4月3日付