北上・西和賀

2会場で776人臨む 専大北上高入試

集中して問題と向き合う専大北上高の受験生

 専大北上高校(及川和夫校長)の2020年度入学試験は18日、北上市新穀町の同校などで行われ、776人の受験生が筆記と面接試験に臨んだ。

 試験は同校と盛岡市の2会場で実施。厳しい冷え込みによる路面凍結などで遅れも心配されたが、受験生はスムーズに会場に入った。3人が欠席したものの、インフルエンザなどによる別室受験はなかった。

 教室では注意事項の説明後、午前9時から国語、数学、社会、英語、理科の筆記、その後に面接試験が行われた。受験生たちは集中して問題と向き合い、鉛筆を走らせていた。

 総志願者数は推薦などを含む915人。内訳は普通科660人(定員185人)、商業科192人(同80人)、自動車科63人(同35人)だった。

 合格発表は23日午後4時から同校正面玄関前で行うほか、同校ホームページでも公開する。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年2月26日付
北上・西和賀
2020年2月26日付
北上・西和賀
2020年2月26日付
北上・西和賀
2020年2月26日付
北上・西和賀
2020年2月26日付