県内外

新幹線高架橋 耐震不足300超 新花巻―盛岡間にも8本 JR東日本

 JR東日本は21日、東北・上越新幹線の高架橋で、耐震性が不足している柱が計367本あったと発表した。うち8本は新花巻―盛岡間で確認された。同社は優先的に耐震補強をする必要がある柱を調査し、2008年に工事完了を公表していたが、一部で診断を誤り、工事をしないまま放置していたという。20年度末までに、対象から漏れていた柱の耐震補強を完了させる方針。

 同社によると、耐震性が不足していた主な区間と柱の本数は、東北新幹線が上野―大宮68本、大宮―小山50本、仙台―古川20本、郡山―福島10本、新花巻―盛岡8本など。上越新幹線が燕三条―新潟68本、越後湯沢―浦佐53本、大宮―熊谷52本などとなった。

 新幹線高架橋については、柱に粘りがなく地震の揺れなどで急激に破壊される恐れがある「せん断破壊先行型」を優先的に補強する対象としていたが、耐震診断の際、データ入力にミスがあり、一部の柱が工事の対象から漏れた。

 同社の社員が昨年8月、別の工事で耐震診断を行った際、「せん断破壊先行型」にもかかわらず耐震補強が実施されていないことに気付き、他の柱についても確認を進め、計367本が10年以上にわたり放置されていたことが判明した。

 同社は「速やかに耐震補強を実施する。ご迷惑とご心配をお掛けし、深くおわび申し上げる」とのコメントを出した。

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年11月26日付
県内外
2020年11月26日付
県内外
2020年11月26日付
県内外
2020年11月26日付
県内外
2020年11月26日付