北上・西和賀

校内募金原資に車椅子購入 北中が介護施設に寄贈【北上】

福祉施設に車椅子をプレゼントする生徒たち

 北上市立北上北中学校(高橋亨校長、生徒121人)は27日、同市二子町の短期入所生活介護施設・ショートステイ北上(齊藤明子管理者)に車椅子1台を寄贈した。

 他校の活動に刺激を受けた生徒からのボランティア活動強化の提案を受け、2018年度後半から募金や資源回収、ゴミ拾いなどのボランティア活動を強化するプロジェクトを開始。1年余りの校内募金などで集めた5万円を原資に中古の車椅子を購入し、初めて寄贈した。

 同日は、生徒会長の2年平野菜々華さんはじめ生徒会執行部のメンバー6人が同施設を訪れ、車椅子を寄贈した。平野さんは「1年以上かかって集めたお金を元に購入した品なので、大切に使って役立ててほしい。この活動をきっかけに地域貢献につなげたい」と意欲を示し、齊藤管理者は「気持ちのこもった活動に感謝し大切に使わせていただきたい。今後も利用者の生活の質向上に努めたい」と喜んだ。

 寄贈した車椅子は、チルトリクライニング式と呼ばれ、座った角度を一定のまま倒せるチルト機能と背中を倒せるリクライニング機能などを持ち、長時間姿勢を保持する機能を備えている。

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年11月27日付
北上・西和賀
2020年11月27日付
北上・西和賀
2020年11月27日付
北上・西和賀
2020年11月27日付
北上・西和賀
2020年11月27日付