北上・西和賀

なまはげの迫力に絶叫 市内保育施設 地名、鬼の縁で来訪【北上】

「親の言うことちゃんと聞げよ」。なまはげに抱きかかえられ、泣きじゃくる子供

 秋田県男鹿市と周辺で伝承されている「なまはげ」が8、9の両日、北上市内に登場し、子供たちや市民、観光客に「鬼の形相」で迫力満点のサプライズ演出を見せた。

 北上入りしたのは、男鹿市若美町の野石なまはげの会(大坂谷栄樹代表)。北上市鬼柳町卯の木、男鹿市鵜木が同じ「うのき」の地名でつながりがあり、なまはげと鬼剣舞で「鬼」の縁も深いことから、同会はたびたび北上を訪れている。8日はみちのく民俗村の旧正月イベント、9日は北上市立博物館の講座に登場した。

 同市鬼柳町の小規模保育施設・学童保育施設アフタースクールにじいろでは9日、未就学児や小学生、父母ら約70人が集まる中、いきなり鬼の面を着けた3人のなまはげが「ウオー」と大声を上げて乱入。「泣く子はいねが」「親の言うごと聞かぬ子はいねが」「お父さん、お母さんの言うことをちゃんと聞げよ」と迫り、泣き叫んだり逃げ出したりする子供も。それでも抱っこをしたり頭をなでるなど優しい一面も見せ、最後に子供たちや父母と仲良く記念撮影した。

momottoメモ

地域の記事をもっと読む

北上・西和賀
2020年9月25日付
北上・西和賀
2020年9月25日付
北上・西和賀
2020年9月25日付
北上・西和賀
2020年9月25日付
北上・西和賀
2020年9月25日付