花巻

白銀の世界を銀幕に 湯本小地域連携事業【花巻】

地域住民や児童ら約200人が映画鑑賞を楽しんだ「ゆもとスノーシアター」

 花巻市立湯本小学校(片野正喜校長)の地域連携事業「ゆもとスノーシアター」は10日、同市湯本のJAいわて花巻湯本支店向かい駐車場イベント広場で行われ、地域住民ら約200人が子供たちの準備した雪の映画会を楽しんだ。

 9月に行われた自転車の乗り方・整備イベント、11月の湯本文化祭での新米販売に続く同事業の第3弾。地域の将来を考えようと2018年11月に発足した湯本地区未来会議の有志メンバーらが協力し、湯本学童クラブの6年生が中心となって準備や運営に取り組んだ。

 会場には雪を成形して作製したスクリーンや雪灯籠などが用意され、午後6時からプロジェクターで「てぶくろをかいに」を無料上映。児童は事前に招待券の作成や宣伝、当日はポップコーンやおでんの販売、甘酒の振る舞い、椅子の設置などを担当し、大勢の来場者でにぎわった。

 片野校長は「(湯本地区は)教育に関心の高い地域で、子供たちのイベントを見守ってくれている。これからもいろいろと考え、地域と連携したい」と述べた。同校6年の須藤遼之介君は「チケットに色を塗り、印刷してミシン目を付けて配ったりと、準備はやりがいがあった。たくさんの人に来てもらえてうれしいし、これからも頑張りたい」と意欲を語った。

 ゆもとスノーシアターは17日も午後6時から同会場で行われ、「雪わたり」を上映する予定。問い合わせは同校=0198(27)2525=へ。

地域の記事をもっと読む

花巻
2020年2月20日付
花巻
2020年2月20日付
花巻
2020年2月20日付
花巻
2020年2月20日付
花巻
2020年2月20日付