奥州・金ケ崎

3周年記念しセレモニー 「猫ノ図書館」企画展も 22日、胆沢【奥州】

22日に3周年を迎える「猫ノ図書館」。記念企画で「ノラネコぐんだんまつり」が開かれている

 奥州市胆沢南都田字加賀谷地の市立胆沢図書館にある猫本コーナー「猫ノ図書館」が、「猫の日」の22日に3周年を迎える。当日は同館でセレモニーやイベントを開き、猫尽くしの一日とする。記念として人気絵本シリーズの企画展「ノラネコぐんだんまつり」も同日まで開かれている。

 猫ノ図書館は利用者の拡大につなげようと、公立図書館では国内初の常設の猫本コーナーとして2017年に開設した。猫の本は3年間で1300冊以上となり、19年度からは移動図書館車にも猫本コーナーが設けられた。

 「ノラネコぐんだん」(工藤ノリコさん作、白泉社)シリーズは、親子を中心に幅広い層に全国的な人気がある。企画展は同社公認で、館内閲覧用を含む同シリーズの9冊をはじめ関連書籍、同社から寄贈された原画の複製パネルを展示。公式ポップがあちこちに掲げられ、ノラネコたちが館内を“ジャック”している。

 セレモニーは当日午前10時15分から開催。当初からねこ館長を務めている「むぎ」も出勤し、再度辞令を受ける。

 また、盛岡市出身のグラフィックデザイナーで写真家の南幅俊輔さんが作製した猫ノ図書館オリジナルブックカバーと「猫みくじ」(数量限定)を配布。▽猫の本を借りる▽同図書館をSNS(インターネット交流サイト)で発信▽館内のツリーに記念メッセージカードを飾り付ける―のいずれかで受け取れる。猫みくじにはオリジナルのトートバッグなどが当たる抽選もある。ノラネコぐんだんの塗り絵などの子供向け企画も催す。

 3周年を前に、胆沢図書館上席主任司書でねこ館長秘書の渡辺貴子さんは「かつては人が来なかった図書館を何とかしようと盛り上げ、全国から応援を受けた。たくさんの方々に感謝を伝えたい」と話している。

 同館は月曜と祝日が休館。開館時間は午前9時30分~午後7時。問い合わせは同館のある胆沢文化創造センター=0197(46)2133=へ。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2020年9月20日付
奥州・金ケ崎
2020年9月20日付
奥州・金ケ崎
2020年9月20日付
奥州・金ケ崎
2020年9月20日付
奥州・金ケ崎
2020年9月20日付