一関・平泉

顕著な功績称賛 1人4団体に贈呈 岩手日日文化賞・学生賞

贈呈式で記念撮影する左から小山部長、菊池前部長、佐藤さん、山岸代表取締役、勝部会長、大江理事長、白畑代表

 岩手日日新聞社の第37回岩手日日文化賞贈呈式は26日、一関市山目のベリーノホテル一関で行われた。芸術・文化、学術・研究、地域振興の各分野で活躍している1人と3団体に文化賞を贈ったほか、児童生徒らを対象とした学生賞で1団体を表彰し、優れた功績をたたえた。

 今回は、芸術・文化部門では肖像画家として人々の在りし日の表情を通じて思い出や人生の節目を描いている佐藤岩輝(本名忠美)さん(67)=平泉町平泉=、学術・研究部門では大東町内野地区で受け継がれる製鉄の文化継承や児童へ歴史を伝えているホッパの会(勝部昌平会長)=一関市大東町=、地域振興部門では研究者と市民が語り合いや子供たちの体験学習を通じて科学の楽しさや魅力を伝えているNPO法人イーハトーブ宇宙実践センター(大江昌嗣理事長)=奥州市=とアウトドア体験の場を提供し、自然を生かした地域おこしや水辺環境保全活動に取り組む北上川フィールドライフクラブ(白畑誠一代表)=花巻市=が受賞した。

 学生賞は、第72回全日本合唱コンクール全国大会で新設された小学校部門で受賞した金賞の中で、最高賞の全日本合唱連盟理事長賞に輝いた黒沢尻北小学校合唱部(小山穂乃香部長)=北上市=に贈られた。

 式には受賞者の佐藤さんや受賞団体代表の勝部会長、大江理事長、白畑代表、同校合唱部の小山部長と菊池亜佑前部長をはじめ関係者約60人が出席。山岸学代表取締役は、文化賞と学生賞を受賞した個人と団体を紹介しながら「皆さんはそれぞれの分野で努力と研鑚(けんさん)を積まれ、郷土の発展に貢献された模範的な方々だ。今後もさらなる活躍を期待する」と式辞を述べ、受賞者と団体の代表者らに賞状と盾を手渡した。

 岩手日日文化賞は、岩手県南、宮城県北地域の各分野で活躍する個人・団体を対象に1983年度に創設。今回を合わせ、学生賞を含めて87人、94団体が受賞している。

 贈呈式後、受賞者と同社役員や関係者が出席して茶話会を開催。被表彰者の活動や取り組みについて互いに質問し合い、親睦を深めた。

momottoメモ

▲電子新聞momottoで紙面未掲載写真・動画を公開中。各受賞者の声も掲載

地域の記事をもっと読む

一関・平泉
2020年4月9日付
一関・平泉
2020年4月9日付
一関・平泉
2020年4月9日付
一関・平泉
2020年4月9日付
一関・平泉
2020年4月9日付