県内外

百貨店など時短営業 予防対策の動き広がる【岩手】

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、盛岡市内の百貨店や商業施設で、営業時間の短縮や催事中止などの動きが広がっている。川徳では、運営する全店舗で営業時間を短縮。イオンモール盛岡南などでも時短営業や、一部店舗を休業する措置が取られている。

 川徳は、ギフトショップなどを含めた県内外の9店舗で5日から時短営業をスタートさせる。同市菜園のパルクアベニュー・カワトクでは、開店・閉店時間をそれぞれ1時間ずらし、午前11時~午後6時の営業に短縮。感染の状況を注視しながら、3月末まで継続する予定。従業員には先月からマスク着用での接客を推奨するなど、予防対策を進めている。

 イオンモール盛岡、同盛岡南の両施設では、スーパーなどを除く専門店の基本営業時間について、3日から午前11時~午後8時に変更。15日まで時短営業を継続する。イオンモール盛岡では、28日のファミリーコンサートなどの催事を中止。同盛岡南では3日現在、イオンスポーツクラブ盛岡南などの一部店舗・教室が休業している。両イオンモールは、新型肺炎関連の対応について各ホームページに掲載。買い物客らに対し、マスク着用や消毒液の使用を呼び掛けている。

地域の記事をもっと読む

県内外
2020年4月9日付
県内外
2020年4月9日付
県内外
2020年4月9日付
県内外
2020年4月9日付
県内外
2020年4月9日付