奥州・金ケ崎

アマビエに祈り・前沢高 商工会へイラスト贈る【奥州】

前沢高の生徒が前沢商工会に贈ったアマビエのイラスト

 奥州市前沢字狐石の県立前沢高校(及川浩純校長)は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受けている地元の前沢商工会に生徒が手描きした妖怪アマビエのイラストを贈り、事態の収束に思いを込めた。同市前沢字七日町裏の同商工会で希望者に無料で配布している。

 同校は同商工会の各種イベントに毎年協力してきたつながりがある。感染の影響で春の多くのイベントが中止になる中、授業で時事問題を学んだ際、アマビエを通して感染症の鎮静を願う市内の取り組みを知り、1、2年生の有志が取り組みを考案した。

 アマビエは江戸時代に現れた妖怪で、疫病の流行などを告げて自らの姿を描かせるよう伝えたとされ、今では疫病退散のシンボル。生徒は思い思いに約60枚を描き、4月28日までに2回にわたって贈った。

 同商工会は「今後のイベントについても実施の可否を検討している厳しい状況の中、前沢のことをすごく考えてくれている企画だ」と感謝している。

地域の記事をもっと読む

奥州・金ケ崎
2020年6月3日付
奥州・金ケ崎
2020年6月3日付
奥州・金ケ崎
2020年6月3日付
奥州・金ケ崎
2020年6月3日付
奥州・金ケ崎
2020年6月3日付